工場見学を疑似体験できる提案をしましょう!

提案できることは、
コレ!

1

来場者の集客!

疑似体験で興味度を高め、リアルの工場見学への集客につなげることができる!

2

オンラインでも実現!

オンラインでも誰でも気軽に参加してもらえ、普段は入れないエリアの案内などができる!

3

インバウンド対応!

サイネージを多言語対応にすれば、外国人の方にも参加してもらうことができる!

必要なものは、コレ!

印刷会社xリコージャパンの概念図

タッチサイネージ

施設案内や観光案内などの欲しい情報を、来場者自ら端末を操作して取得することができます。さらに、言語切替が可能になり、インバウンド対応ができるようになります。専門スタッフを配置せずに、オススメの商品のPRが行えます。

【ソリューションのご紹介動画】

デジタルサイネージ編

RICOH THETA x RICOH Clickable Paper

360°の空間画像をワンタッチで撮影できるTHETA。紙を入り口にして様々なWEBサイトや動画などにアクセスできるARアプリClickable Paper。さらにバーチャルツアー機能を活用するとこんな使い方も!THETA 360.bizのコンテンツを活用し、空間の中を移動するツアーも作ることができます。こんな使い方も!物件チラシは内見しなくても中の様子がわかります。スタンプラリーはイベントや観光地・施設内などの回遊を促進します。ポスターはスロットゲームも楽しめます。

【ソリューションのご紹介動画】

THETA&Clicker編

紙 de VR

レンズ付きの紙DMを組み立てるとVRゴーグルが完成。スマートフォンがあれば簡単にVR体験ができる。観光地や施設の下見が行える販促ツールです。さらに、VRコンテンツを継続して紙DMを使ってお届け。観光地や施設を疑似体験できる。家で簡単VR体験!観光名所を360°体験。工場も360°見学

【ソリューションのご紹介動画】

紙 de VR編

取り組んだ印刷会社様の声が、コレ!

  • リアルで開催するよりも手軽に参加してもらえた。

  • 遠隔地のお客様にも体験してもらうことができた。

  • 工場のより詳しい理解促進につながった。

今すぐ提案に使える営業ツールを無料配布中!

関連記事