インバウンド対応できる提案をしましょう!

提案できることは、
コレ!

1

多言語対応を実現!

スマホと紙のパンフレットで、多言語パンフレットを呼び出すことができる!

2

顧客満足度UP!

外国のお客様に対し、言語の壁を取り払って満足度を向上させることができる!

3

省力化!

多言語の案内要員を雇用、教育する労力を削減できる!

必要なものは、コレ!

印刷会社xリコージャパンの概念図

タッチサイネージ

施設案内や観光案内などの欲しい情報を、来場者自ら端末を操作して取得することができます。さらに、言語切替が可能になり、インバウンド対応ができるようになります。専門スタッフを配置せずに、オススメの商品のPRが行えます。

バーチャルマネキン

等身大で目立つサイネージ!しゃべるマネキンが足止めに威力を発揮します。人形投影板とプロジェクターがセットになっているため、位置調整が簡略化され、設営がカンタンです。さらに狭い場所でも強力サポート!卓上や陳列棚に置くことができる、小型タイプもあります。商品の隣に置いてPRさせれば、人手をかけずに販売を強力サポートできます。インバウンド対応にも!オプションのボタン装置により、言語を切り替えることができるので、インバウンド対応にも力を発揮します。受付などに設置して省力化も図れます。

【ソリューションのご紹介動画】

デジタルサイネージ編

RICOH Clickable Paper

紙を入り口にして様々なWEBサイトや動画などにアクセスできるARアプリです。このアプリはマーク不要なため、既に刷り終わった会社案内や配布し終わった観光マップ等に、後から付加価値(Webページに飛ばす機能)を追加することも可能です。さらにイベントや観光地・施設内などの回遊促進にご利用いただけます。こんな使い方も!会社案内で360°工場見学疑似体験。物件チラシで内見しなくても中の様子がわかります。ポスターでスロットゲームも楽しめる。

【ソリューションのご紹介動画】

Clickable Paper 基本編

取り組んだ印刷会社様の声が、コレ!

  • 知りたい情報に、まっすぐたどり着く案内板を提供できた。

  • 無駄なパンフレットやマップの在庫を減らし、必要な分だけ印刷できた。

  • Clickerアプリでスマートフォンに適した言語のパンフやマップを提供できた。

今すぐ提案に使える営業ツールを無料配布中!

関連記事